想い出の曲

私の想い出の曲は、スピッツのロビンソンです。
中学生のテスト期間中、夜はラジオを聞きながら勉強していました。
ラジオパーソナリティの明るいちょっと軽いノリのお喋りが楽しくて、勉強するよりもラジオから聞こえるトークに集中していました。

 

その番組のある月のテーマ曲が、この曲でした。
春の夜に、ギターの軽やかさと暗い曲とも明るい曲とも言えないあのメロディがとても心地良かったのです。
ボーカルの草野さんの声も、とても魅力的でした。

 

初めて聴いた時に「スピッツさんは、これから売れる。
」と直感的に感じました。
単なる中学生なのに、生意気ですね。

 

毎日、ラジオからこの曲が流れるたびに、良い曲だなぁと思いました。
まだ中学生の私が初めて曲の良さを感じたのです。
だから、出会ったあのラジオ番組と、あの時の感じた気持ちは、不思議と記憶に残っています。

 

あの曲をきっかけに、スピッツさんは注目を集め、誰もが知っているグループになりました。
私は、自分の直感が当たったと嬉しくなったのもあって、今でもあの当時の気持ちをはっきり覚えているのかもしれません。